様々な成形課題に合わせたプラモール精工の新商品案内

成形課題別 製品案内

製品不良やチョコ停を改善したい

ウエルドライン

現象

材料が二方向以上にわかれて流れ、再び合流する時に樹脂温度が低下し融合しない現象。

原因

<金型>

  1. スプルー、ランナー、ゲートにおける流動抵抗が大きい
  2. スプルー、ランナー部のガス抜き不良
  3. キャビティ内のエア抜き不良
  4. 金型のガス抜きが不十分
  5. ゲート位置

<成形>

  1. 射出圧の不足
  2. シリンダー温度が低い(樹脂温度が低い)
  3. 金型温度が低い
  4. 射出速度が遅い

対策

<金型>

  1. スプルー、ランナー、ゲートの断面積を大きくする。また長さを短くする、表面仕上げを滑らかにする
  2. スプルー、ランナー部に十分なガス抜きをつける
  3. 金型に十分なエア抜きをつける
  4. 金型にガス抜きをつける
  5. 負荷の小さい場所にウエルドが生ずるようにゲート位置をずらす

<成形>

  1. 射出圧を上げる
  2. シリンダー温度を高くする
  3. 金型温度を高くする
  4. 射出速度を早くする
    (分流した樹脂が合流して融着するときの温度を高くする)

ベント機能を追加することで、型内の空気抵抗を無くし、内圧を下げる。

<金型>

スプルー部直下やランナーエンドでガスを抜く。製品部の最終充填部付近にエアベントを増やす。

<成形>

金型でしっかりしたベント対策をとることで、型内の空気抵抗がなくなり低圧での成形が可能になる

<対応商品>

ガストース

ショートショット

現象

樹脂が完全に充満されていない不完全な現象。

原因

<金型>

  1. ランナー・ゲート径が小さ過ぎる
  2. ランナーが長い
  3. キャビティの流動抵抗大
  4. スプルー、ランナー部のガス抜き不良
  5. 金型内のエア逃げ不足

<成形>

  1. 供給材料の不足
  2. 射出圧の不足
  3. 充填速度が遅い
  4. 樹脂温度が低い
  5. 金型温度が低い

対策

<金型>

  1. ランナー・ゲートサイズを大きくする
  2. ランナーの配置を見直す
  3. ゲートの位置を変える
  4. スプルー、ランナー部に十分なガス抜きをつける
  5. 未充填部にベントをつける

<成形>

  1. 材料供給量を適量にする
  2. 射出圧を上げる
  3. 射出速度を上げる
  4. シリンダー温度を上げる
  5. 金型温度を上げる

ベント詰りによる排気不能で充填しづらくなることで発生する。

<金型>

スプルー部直下やランナーエンドでガスを抜く。製品部の最終充填部付近にエアベントを増やす。

<成形>

金型でしっかりしたベント対策をとることで、型内の空気抵抗がなくなり低圧での成形が可能になる

<対応商品>

ガストース

シルバーストリーク

現象

成形品表面に銀色の筋が発生する現象。

原因

<金型>

  1. エアー抜き(ガス抜き)が悪い
  2. ゲート、ランナー、スプルーが過小
  3. 金型のガス抜きが不十分
  4. スラグウェルが小さい

<成形>

  1. 樹脂の吸着水分が多い
  2. 射出圧力の不足
  3. 金型温度が低すぎる
  4. シリンダー温度が高い
  5. 射出速度が速い

対策

<金型>

  1. ガス抜きをつくる
  2. ゲート、ランナー、スプルーを大きくする
  3. 金型にガス抜きをつける
  4. スラグウェルを大きくするる

<成形>

  1. 予備乾燥を十分に行う
  2. 射出圧力を上げる
  3. 金型温度を上げる
  4. シリンダー温度を下げる
  5. 射出速度をおそくする

製品部に入る前のスプルー部直下、ランナーエンド部よりガス抜きを行う。

<対応商品>

ガストース

反り(ソリ)

現象

成形品が成形直後や成形後に、凸形状・凹形状に反ってしまう現象。

原因

<金型>

  1. 成型品の突き出しがアンバランス
  2. 離型が悪い
  3. 冷却が不均一
  4. ゲートが大きい

<成形>

  1. 突き出しが速い
  2. 射出圧力を高く、射出速度が早い
  3. 射出・保圧時間が短い

対策

<金型>

  1. 冷却時間を長くする、金型温度バランスをとる
  2. 突き出しのバランスをとる
  3. テーパーを十分とり離型剤を塗布する
  4. ゲートを小さくする

<成形>

  1. 突き出し速度を遅くする
  2. 射出圧力が低くし、射出速度を遅くする
  3. 射出・保圧時間を長くする

製品部に入る前のスプルー部直下、ランナーエンド部よりガス抜きを行う。 ベントを増やすことで、製品部への空気抵抗を無くし内圧の上昇を抑える。

<金型>

スプルー部直下、ランナーエンド部からガスを抜く。突き出しピンにガス抜き加工設ける

<成形>

射出圧力を低く、射出速度を遅くする

<対応商品>

ガストース

バリ

現象

金型のパーティングライン上に樹脂がはみ出して固化する現象。

原因

<金型>

  1. 金型に隙間がある
  2. 金型プレート間に異物が附着している
  3. 内圧が上昇している(ベント不足)

<成形>

  1. 射出圧力が高い
  2. 型締力が不足している
  3. 材料供給量が多い
  4. 樹脂温度が高い
  5. 射出圧力保持が長い
  6. 射出速度が早い

対策

<金型>

  1. 金型の隙間をなくす
  2. 金型を掃除する
  3. スプルー、ランナー部にガスベントをつける

<成形>

  1. 射出圧力を下げる
  2. 型締力を上げる
  3. 適正な供給量にする
  4. シリンダー温度を適温にする
  5. 圧力保持時間を適正にする
  6. 射出速度を遅くする

ベントを増やすことで内圧を下げ、バリを防止する。

<金型>

スプルー部直下やランナーエンドでガスを抜く。製品部の最終充填部付近にエアベントを増やす。

<成形>

金型でしっかりしたベント対策をとることで、型内の空気抵抗がなくなり低圧での成形が可能になる

<対応商品>

ガストース

ヒケ

現象

収縮により成形品の表面がへこむ現象。 厚肉成形品に多く見られる。

原因

<金型>

  1. ゲート、スプルー、ランナーが小さい
  2. ゲートの位置不良

<成形>

  1. 冷却時間が不足している
  2. 金型温度の高すぎ又は低すぎ
  3. 射出・保持圧力が低い
  4. 射出・保持時間が短い

対策

<金型>

  1. ゲート、スプルー、ランナーを大きくする
  2. 成形品の肉厚変化のある場合は肉厚部にゲートをつけるようにする

<成形>

  1. 冷却時間を十分とる
  2. 金型温度を適温にする
  3. 射出・保持圧力を上げる
  4. 射出・保持時間を長くする

製品部に入る前のスプルー部直下、ランナーエンド部よりガス抜きを行う。 ベントを増やすことで、製品部への空気抵抗を無くし内圧の上昇を抑える。

<金型>

スプルー部直下、ランナーエンド部からガスを抜く。突き出しピンにガス抜き加工設ける

<成形>

射出圧力を低く、射出速度を遅くする

<対応商品>

ガストース

焼け(ヤケ)

現象

成形品の一部が断熱圧縮により過熱され変色する現象

原因

<金型>

  1. 金型のガス抜きが不十分

<成形>

  1. シリンダー温度が高い
  2. エアの巻き込み
  3. 射出圧力・射出速度が大きい

対策

<金型>

  1. 金型にガス抜きベントをつける

<成形>

  1. シリンダー温度を下げる
  2. スクリュー回転数を下げる
  3. 射出圧力・射出速度を小さくする

ベントが詰り、型内が内圧が上昇しガス焼けが発生ししている。

金型内の製品部に入る前(スプルー部直下やランナーエンド部)でガス抜きを十分にとり、内圧を上げないような金型にする。

<対応商品>

ガストース

光沢不良

現象

成形品表面の外観の鏡面仕上げや透明品などで目立って生じる現象

原因

<金型>

  1. 金型のガス抜きが悪い
  2. ゲートが小さい
  3. 製品部にヤニが付着している

<成形>

  1. 金型温度が低い
  2. 射出速度がおそい
  3. 射出、保持圧力が低い
  4. 樹脂の充量不足

対策

<金型>

  1. 金型のガス抜きを十分とる
  2. ゲートを大きくする
  3. 金型を清掃する

<成形>

  1. 金型温度を上げる
  2. 射出速度をはやくする
  3. 射出、圧力を上げる
  4. 樹脂の充填量を調節する

ガスの影響により光沢不良が発生することが多いため、金型内のガス抜きを十分にとる。

ガスが金型の製品部に入り込まないように、製品部に入る前にガスを抜く。

<対応商品>

ガストース

糸引き

現象

金型型開き時に糸引きが発生する現象。 金型内に付着し、次のショットで成形品に転写される。

原因

<成形>

  1. ノズル温度が高い
  2. 樹脂温度が高い
  3. ノズル径が大きい

対策

<成形>

  1. ノズル温度を低くする
  2. シリンダ温度を下げる
  3. ノズル径を小さくする

糸引き防止機能を兼ね備えたスプルーブシュに変更する。

<対応商品>

ラジエタースプルー

ゲート凸

現象

製品側にゲートランド部が残ったり、糸が引いて製品に残る現象

原因

<金型>

  1. ゲート径が大きい

<成形>

  1. 保圧時間が長い
  2. 保圧が高い
  3. 冷却時間が短い
  4. 型開き速度が遅い

対策

<金型>

  1. ゲート径が小さくする

<成形>

  1. 保圧時間を短くする
  2. 保圧が下げる
  3. 冷却時間が長くする
  4. 型開き速度が速くする

ゲート凸はゲート径を小さくすることで改善できる。

ゲートの点数を増やし、従来使用していたゲート径と同等の表面積にすることで流量は変わらなくすることができる。

<対応商品>

レボゲート

ドローリング(ハナタレ)

現象

シリンダ内のプラスチック樹脂がノズル先端から漏もれて出てくる状態。

原因

対策

<成形>

  1. サックバックさせる  
    ※計量停止後スクリューを回転させず、
     スクリューを後退させノズル先端のプラスチックに
     ゆとりをもたらせる

ノズルをスプルーブシュに接触したまま生産ができる。⇒サックバックすることでノズルが冷えてしまいノズル詰りが発生

放熱効果を兼ね備えているため、温度上昇が抑えられ、シルバー対策にも効果的。

<対応商品>

ラジエタースプルー